セラピスト紹介


【セラピスト】6

「如月あずさ」さん 年齢25歳  身長159㎝ B85(Dカップ)W58㎝ H86㎝

 

 


【セラピスト】4

「一ノ瀬愛」

年齢22歳 身長154㎝ B80(Dカップ) W57 H85

新入店のセラピスとさんは「一ノ瀬愛」さんと言い、玉子のようなつるつるした肌が眩い女性で、22歳と若いのですが、惚れ惚れするほどの気立ての良さと、その気遣い振りの細やかさには感心いたします。

レギュラー出勤なので、店としてではなく、こんなご時世、コトホギの誇りを掛けて、懸命に殿方達を癒していければと思っています。

週4日のペースでワンルームマンション2号店に出勤いたします。

甘く切なくなるような気を発する、そんなセラピスとですよ。初恋を思い出して下さいませ。

二度目の初恋も実に切ないものです。

彼女の濃密な日本女性特有の、味わいのある施錠を体感して下さい。

彼女は、これからどんどん綺麗になり、色気を放つ女になっていくのかな?。

 

彼女の紹介文は、書きたい事がありすぎるので、後ほど書かせて貰います。

二度目の初恋を味わって下さい

 




【セラピスト紹】3
水沢あやめ

年齢32歳 身長163㎝ B84㎝綺麗なDカップ 一見の価値あり。

引き締まったカラダのラインが美しい、格調高い美人アスリートのようです。

個人的には彼女の清潔感と大人のさりげない艶さはとても好感が持てて好きです。 多くのセラピストの中でも希なセラピストさんだと思いますよ。

しかし、運でしょうが、「コトホギ」に全く異色の美しい感じのセラピストさんが現れて、ホクホクとした嬉しさを感じてしまいます。

褒めすぎると次第に嘘っぽくなっていくようですが…。

水沢さんの施術は絶対に騙されたと思っても結構ですから、一度は受けてみてください。

新しい快楽や、言いたり無いことが多々あるのがお気づきになるでしょう。肩を張らずにお楽しみください。 。。。。 施術が気持ち良すぎると、男は快楽の虜になってしまうようですが、病み付きになるのも一興、「水沢あやめ」さん自信が、貴方の人生の思い出に刻まれるかも知れません。

どんどん彼女に引き込まれていくのは、

技術の範囲を越えた特有の解放されたエロティシズムの神髄なのんも知れません。思いは募るばかり。 。。。。。

当店オススメセラピスト   水沢あやの

 


 

【セラピスト紹介】2

「雪平まい」 

身長160㎝ B85㎝ Dカップ 

どこを輪切りにしても女が出てくる。


多岐にわたるメンズエステ経験を経て、次第に男を惑わす女性特の香りに包まれていく。

矢張り臭いは、正直であり、その臭いを感じた男は幻覚を呼び覚ます。
見事に大人になりきったセラピストは、男性を虜にし、昔を蘇らせる魅力を放ち、
早鐘のように心を心を高鳴らせてくれる。
れきった女性の胸を目にすると、特別な女性との出会いを呼び覚ましてくれる。
恐く緊張し身体が高鳴る男性は、嘗てを蘇らせる。

雪平まいさんは、男性の大事な思い出を見事に大事な一時を、ふたたび実感させてくれる。

稚拙な「生きてきた実感であり」大切な心の高鳴りでもある。

これが「雪平まい」さんの、幻覚の女の臭いであり、貴重な魅力なのである。

悲しくもあり切なくもなり、些細なことで喜び自分は悪いモノではないことは確かである。

彼女の丁寧な所作は、男は繊細に心が動き始める。

この国の文化なのかも知れないが、彼女の肢体は美しさと郷愁を蘇らせてしまう。

どんなにエライ身分になろうが、常に始まりには、理にそぐわない混沌から生まれて行く気がします。

「雪平まい」さんとの、一時の経験は、多感で強烈で我を知ってしまう。

奇をてらった過激なプレイなど無くても、手をカラダに触れられただけでも、

嬉し恥ずかしい男になってしまうのだから、彼女との施術は十分過激と言わざるを得ない。
二人が不器用に手を握りしめていると、あの臭いが強く感じたし、ひとっ飛びに時間を越えようとしてしまう。

雪平まいさんは、優しく深く責めてくるセラピストです。

「雪平まい」


 

【セラピスト紹介】1

 「高杉のりか」
30歳 162センチ Eカップ しとやかさが大人の女を感じる。


どこから発しているのか不思議なぐらい癒やしの力がかなり強く、

若者の著しく低下した男性ホルモンを惜しげもなく蘇らせがます。

女性が持つ男性を癒す力は、科学のロジックがまだまだ稚拙に思えるぐらい、原初的な能力なのです。

免疫が低下した若者が若くして、男性更年期性になるのお店のドアを開けた瞬間、全身にインパクトを感じました。

目に飛び込んできた女性は、決して派手さや、奇抜な風体ではないのですが、なやかなし笑顔特徴的だった、凛と立つ姿、そして静かに会釈する仕草、時間を捻じ曲げるような屹立した大人の女性を感じました。

品というのでしょうか、会話をしていている口元にも、その笑顔にも、困った顔も変わることなく感じていました。

はたと!この女性こそ「コトホギ」が求めていたセラピストだ!と我に返りました。

高杉のりか 仕掛けるテクニシャン