【セラピスト8】
「加茂ほたる」 年齢24歳 身長166㎝ B86(Dカップ) 新人セラピスト




【セラピスト7】

「蒼井さつき」
年齢27歳 身長162㎝ B86(Dカップ) 新人セラピスト

 

 


 

 

【セラピスト6】

「結城まどか」

年齢34歳 身長160㎝ B84(Dカップ) 天性のセラピスト

彼女の施術はことさらエロくはないのですが、男性とは優しい関係を切望し丁寧な接客が、実にエロティックなのです。 【まどか】を思いうかべると、彼女の性の感受性が世界を駆け巡る。

いい女は打てば響く。

気遣いを持って接すれば、安心するだろうし、荒々しく強圧的に接すれば貝のように堅く口を閉ざす。

謝らなければ・・ベニチアガラスの破片のようだ成熟した色香を放つ女「まどか」を押します。

「結城まどか」さんの誠実さと愛嬌が癒しの気を放ちます。


【セラピスト紹介】6  

「黒田あやの」

身長164㎝ B88  W60㎝ H88㎝ 年34歳 円熟した色気

思えば子供の頃に見た少女の雅さや、口角を上げてで隠しながら、目が優しく微笑んでいる。

このような仕草を面と向かって見てしまうと、こっちが恥ずかしく、どこかに飛んでいなくなっていた。

「黒田あやの」さんは表情が多弁で、とってつけたモノではないので質が良い。

あやのさんが、身体に触れるその瞬間は恥ずかしいさが蘇ってくるが、直ぐに次にして貰いたいことが頭を去来する。

兎に角、二人の呼吸を何時しか、一つにする術は実に達者だ。

このあたりで完全に支配されているのだが、抗う気など起きない。

次は何をしてくれるのか、期待が膨らむが、必ずといって良いほど裏切られてしまう。うふふ。

「あやの」さんの耳元で呟く声は、渓流の流れのようににうねったりしながら癒やしに導いてくれる。

つい思わずその気になってしまうと察するように「いいのよ」この一言と耳元の音色と、彼女の肉感が気持ちを静かに高ぶらせる。

この手の清濁を併せ呑むセラピストは好きだ!

二人乗りの、潜水艦のように深海に音もなく海中へ沈んで行くような思えるからだろう。 新しい施術技術には人気が出るだろう。

美人は得だ、二人でどこまでも行きたくなるから……。

ただ、オイルを2管も使うのは勘弁してください。正直一度はオイルまみれにされたい、気持ちが良いのは分かっているから。

「黒田あやの」 濃厚な癒やしオーラ。



【セラピスト紹】5
水沢あやめ

年齢32歳 身長163㎝ B84㎝綺麗なDカップ 一見の価値あり。

引き締まったカラダのラインが美しい、格調高い美人アスリートのようです。

個人的には彼女の清潔感と大人のさりげない艶さはとても好感が持てて好きです。 多くのセラピストの中でも希なセラピストさんだと思いますよ。

しかし、運でしょうが、「コトホギ」に全く異色の美しい感じのセラピストさんが現れて、ホクホクとした嬉しさを感じてしまいます。

褒めすぎると次第に嘘っぽくなっていくようですが…。

水沢さんの施術は絶対に騙されたと思っても結構ですから、一度は受けてみてください。

新しい快楽や、言いたり無いことが多々あるのがお気づきになるでしょう。肩を張らずにお楽しみください。 。。。。 施術が気持ち良すぎると、男は快楽の虜になってしまうようですが、病み付きになるのも一興、「水沢あやめ」さん自信が、貴方の人生の思い出に刻まれるかも知れません。

どんどん彼女に引き込まれていくのは、

技術の範囲を越えた特有の解放されたエロティシズムの神髄なのんも知れません。思いは募るばかり。 。。。。。

当店オススメセラピスト   水沢あやの

 

【セラピスト紹介】4  

「雪平まい」 

身長160㎝ B85㎝ Dカップ 

どこを輪切りにしても女が出てくる。


多岐にわたるメンズエステ経験を経て、次第に男を惑わす女性特の香りに包まれていく。

矢張り臭いは、正直であり、その臭いを感じた男は幻覚を呼び覚ます。
見事に大人になりきったセラピストは、男性を虜にし、昔を蘇らせる魅力を放ち、
早鐘のように心を心を高鳴らせてくれる。
れきった女性の胸を目にすると、特別な女性との出会いを呼び覚ましてくれる。
恐く緊張し身体が高鳴る男性は、嘗てを蘇らせる。

雪平まいさんは、男性の大事な思い出を見事に大事な一時を、ふたたび実感させてくれる。

稚拙な「生きてきた実感であり」大切な心の高鳴りでもある。

これが「雪平まい」さんの、幻覚の女の臭いであり、貴重な魅力なのである。

悲しくもあり切なくもなり、些細なことで喜び自分は悪いモノではないことは確かである。

彼女の丁寧な所作は、男は繊細に心が動き始める。

この国の文化なのかも知れないが、彼女の肢体は美しさと郷愁を蘇らせてしまう。

どんなにエライ身分になろうが、常に始まりには、理にそぐわない混沌から生まれて行く気がします。

「雪平まい」さんとの、一時の経験は、多感で強烈で我を知ってしまう。

奇をてらった過激なプレイなど無くても、手をカラダに触れられただけでも、

嬉し恥ずかしい男になってしまうのだから、彼女との施術は十分過激と言わざるを得ない。
二人が不器用に手を握りしめていると、あの臭いが強く感じたし、ひとっ飛びに時間を越えようとしてしまう。

雪平まいさんは、優しく深く責めてくるセラピストです。

「雪平まい」


 

【セラピスト紹介】3  

「三峰ひかり」
24歳 身長155cm スレンダー Fカップ バストはカタチに眼がくと思いますが、それが彼女の魅力ではありません。

 

「もっとシフトに入ってくれれば良いんだけど」思わず口から言葉がこぼれてしまいました。

整った顔立ちと、瑞々しい清潔感が三峰さんの魅力なのですが、やがて情熱的でデイープな奔放さが滲み出てきます。

話しやすい大らかな人柄は万人に好かれるでしょう。

しかし無駄なことは口にしません。時に頭の良さが垣間見えます。

自然と胸に眼が行ってしまいます。

とても「綺麗です」理想的な形で清潔なバストラインは良いのですが、身体全体はスレンダーなのにあそこだけ?

神秘の昭和新山、「脱ぐとはっきりと分かりますよ」だって。

若さがこぼれているのですが、彼女自身は「早く大人の女になりたい」と、お経のように何遍も唱えていました。

正直、直ぐにでもお客さんに打ち解けますので人気があります。

セラピストの一番大切な癒やしのオーラは持っています。

芯があって気遣いができ頭の回転も速くセンチメンタルな一面もあり。

もう立派な大人の女なんだけどな? とってつけたような色気なんていらないぞ、だって、もう既に滲み出ているしね。

コトホギに季節外れの美しい花がぽつんと咲きました。

彼女の美しい体と顔立ちは絶対に期待を裏切りません。

三峰ひかり やはり人気ありますね 。 beautiful!

 

 


 

【セラピスト紹介】2  

「天野さき」

身長160㎝ 28歳 Fカップ  一言ですが、これぞ綺麗な女。

彼女のどこを輪切りにしても女を感じるでしょう

早十余年。

これほど期待を裏切られず、いや想像以上の女性が示唆しぶりに着た。

愛嬌や気配り、どこをとっても大人の女だ、途端に元気になっていく自分がおかしかった。

どこか聞き覚えのある声、しゃべり声は常に微笑み、話しているうち話題の心地よさに一瞬、微睡んでいたらしく頭の片隅で「食べたくなる女だな!」と、どなたかが囁き、ビックリして我に返る。

大概どんな美人でも5分も話をしていると見飽きた顔に代わるが、なみさんは飢えていくほどに食したくなる。

合えばどんな男でもこの心持ちには共感するはずだ。

難点は聡明すぎるほど先回りされていく、こっちが余計なことが頭を巡っているからなのだが仕方ないのだが。

「さき」さんの、際立つ特徴はバランスの良いFカップであり、自立した大人の女の見識でもある。 筋が通っていて、可愛らしい笑顔と対照的に、見事な女性の曲線が、エロチックに思えてくる女性だ。

天野さきさんは「メルモちゃん」だった件に付いて。メルモちゃんを知らない方は是非調べて欲しい手塚治虫の主人公だ。古い事書いてゴメンな。 面接時、必ず施術着を着て貰うのだが、胸が盛り上がってくるではないか、ちょうど良いと思った施術着のサイズだが、彼女はメルモちゃんなのだからもっとサイズを大きなモノにしないとこぼれてしいそうだ。

壁越しに「カップサイズはF?」「よく分かりましたね、流石ですね」褒められた気にはなれない事を初めて聞いてしまった。

食べ頃の毒入りメロンだ、きっと・・・。

「前の店では指名結構ついたでしょう?」「ええ、ボチボチでした」また、馬鹿なわかりきったことを聞き、あっさり交わされた。

しかし良い女を語ろうとすると文章がとんでもなく無節操になっていく。

どなたか百聞は一見にしかずですので、僕と同じ気持ちを味わって頂きたい。

紹介分が心情ばかりになってしまったが、彼女「天野さき」さんの登場で店格調が高くなり、それでいてお客さんの払う料金は変わらないことが何よりもうれしい。

女神イシスよ、崇高な性と死を教えてくれ給え・・・。

天野さきさんの出勤日は、変則的で週2日の夜10時半から25時に舞い降りてくる。

マジ、お勧めレアセラピストさんすっ・・・ Sexual Girl「天野さき」 

安定感抜群の人気セラピスト

 


【セラピスト紹介】1

 「高杉のりか」
30歳 162センチ Eカップ しとやかさが大人の女を感じる。


どこから発しているのか不思議なぐらい癒やしの力がかなり強く、

若者の著しく低下した男性ホルモンを惜しげもなく蘇らせがます。

女性が持つ男性を癒す力は、科学のロジックがまだまだ稚拙に思えるぐらい、原初的な能力なのです。

免疫が低下した若者が若くして、男性更年期性になるのお店のドアを開けた瞬間、全身にインパクトを感じました。

目に飛び込んできた女性は、決して派手さや、奇抜な風体ではないのですが、なやかなし笑顔特徴的だった、凛と立つ姿、そして静かに会釈する仕草、時間を捻じ曲げるような屹立した大人の女性を感じました。

品というのでしょうか、会話をしていている口元にも、その笑顔にも、困った顔も変わることなく感じていました。

はたと!この女性こそ「コトホギ」が求めていたセラピストだ!と我に返りました。

高杉のりか 仕掛けるテクニシャン